葷酒山門に入るを許さず

くんしゅさんもんにいるをゆるさず

 葷酒山門に入るを許さずとは、仏教寺院(主に禅宗)の山門前に掲げられた注意書きで、葷(臭い野菜)と酒を寺院に持ち込んではいけないというもの。葷はネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョウ、ハジカミの5種の野菜を言ったもので、これらにおいの強い食べ物は精力増強材として知られていたので、仏教の修行には不適とされた。それなら朝鮮人参や栄養ドリンクはOKかというようなつっこみはさておき、確かに説教を垂れているお坊さんがニンニク臭ぷんぷんだったら、信仰心も覚める。「生臭坊主」の「生臭」は肉、魚のことだが、「汗臭い」「男臭い」のように、仏教徒にとって「くさい」のはタブーであり、ジム通いしているマッチョな坊主なんて問題外なのだ。ただこのような戒律が有名無実だったことを庶民は揶揄したがるもので、漢文で「不許葷酒山門入」と書くこの言葉を、「許されざるの葷酒、山門に入る」と読む皮肉な人もいる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg