嵐の前の静けさ

あらしのまえのしずけさ

 嵐の前の静けさとは、甚大な災害や大事件が起こる前の、それを予感させるような不気味な静けさをいう。台風が襲来する直前の街が静けさに包まれることがあるが、それはたぶん、人々が家の中にいて街の人出が減っているからである(雨降ってるし、風も出てきたからね)。特に台風の場合、接近しても雨が止む時間があり、空は鉛色で風もそこそこ強いが雨は降らない、そんなときの街は重々しい静寂に沈み、確かに「嵐の前の静けさ」だなと思わせる瞬間がある。一方、地震や人災にはそんな「静けさ」の予兆はなく、普段の日常が突然災害によって壊される。しかし、発生後の大騒ぎから比べれば「普段の日常」は静かに決まっていて、そんな普通の時間に災害や事件の予兆を感じる勘の鋭い人も中にはいて(そういう人はたいてい災害が起こった後に「予兆を感じた」というのだが)、そういう人たちのために「嵐の前の静けさ」という言葉はあるのだと思う。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg