妬む、嫉む、ねたむ

ねたむ

 妬む(嫉む)とは、他人を憎むという意味だが、その理由が、その人が自分より幸せである(ワタシより先に結婚しやがって、とか)、優れている(あの野郎、なんでオレより年下なのに出世が早いんだ、とか)といった、要するに相手が自分より上の立場にあることの不満から生じる憎しみを言い表した言葉である。相手は自分をひどい目に会わせたわけではなく、ただおのれの道を進んでいるだけであり、憎む理由は薄弱であるが、自分より上にいるということが許せない。まるで恐いおにいさんが「因縁をつける」ような理不尽な憎しみが、「ねたむ」という心理の実態であり、「うらやむ」という気持ちを「ワタシもがんばるぞ!」みたいに発散させることなく、陰にこもらせて十分に発酵させるとこういう心持ちの一丁上がりである。

「ねたむ」の語源は、相手の名声により心が痛むという「名痛し(ないたし)」からとも、心根が痛むという意味の「心根痛(ねいたし)」「性痛見(ねいたみ)」からともいわれるが、いずれにしても、「心の病気」を意味する「うらやみ」の症状が重くなって、心に痛みが生じるという精神状態をリアルに表現している。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg