下ぶくれ、下脹れ、下膨れ

しもぶくれ

 下ぶくれとは、下の方がふくらんでいることをいうが、主に顔の下部、つまり頬(ほお)からあごにかけてふくらんでいる様子を言い表すのに用いる。「頬からあごにかけてふくらんでいる」というのは、要するに太った人であって、しかも、典型的な下ぶくれ顔である「おかめ」の仮面を見てもわかるように、残念ながら現在の基準で見ると美しいお顔とは言い難い。しかし、そのような常識があるので、あえて「下ぶくれ」という表現が使われる際は、偶然造作の配置がピッタリはまってかわいくおさまったお顔を言う場合が多いようである。(KAGAMI & Co.)