合縁奇縁、相縁奇縁

あいえんきえん

 合縁奇縁(相縁奇縁)の合縁または相縁は、相性の合う人とめぐりあうことができた縁、奇縁は不思議な縁。合縁奇縁は、相性がぴったりの人とめぐりあうのも不思議な縁しだいという意味。新婚当時は「この人とめぐりあえたのも合縁奇縁だ」と舞い上がっていたのが、離婚する段になって「合縁でも奇縁でもなんでもなかったじゃん」と思い知るというわけである。(KAGAMI & Co.)

関連用語