この辞典の使い方(ホーム)「い」で始まる言葉>異彩を放つの意味

カテゴリー:慣用句

 

異彩を放つ

いさいをはなつ

 異彩を放つの「異彩(いさい)」とは、「異なった色どり」という意味。「異彩を放つ」は、「変わった色どりを発して目立っている」という意味だが、トラの覆面をかぶりレインボーカラーのファッションを身にまとい自転車で街中を走り回っていると言いたいのではなく、才気やその人独特の個性が際立っているということ。要するに「すぐれものオーラを発している」とでもいったところである。よく似た言葉だが「異臭を放つ」と言ってしまうと、大便をもらして泣きながらうろうろしているヤツという意味になるので、使い方にはくれぐれも注意したい。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg