この辞典の使い方(ホーム)「あ」で始まる言葉>垢抜けるの意味、語源

カテゴリー:慣用語

カテゴリー:性格、容姿、ライフスタイル

 

垢抜ける、あか抜ける

あかぬける

 垢抜ける、あか抜けるとは、洗練されるという意味。「垢(あか)」は、文字どおり古い皮膚に分泌物、ちり、ほこりなどが混じった皮膚表面の汚れのことで、田舎臭さや泥臭さを意味するとも、相手を不愉快な気分にさせる性格が消えて洗練されるという意味の「あくが抜ける」の「あく」が変化した語ではないかともいわれる。いずれにしても「垢抜ける」は、おかしなクセや素人臭さ、野暮臭さなどが抜けて、人当たりがよくなり、都会的に洗練されるという意味であり、例えば、過剰に装飾的な縄文式土器からシンプルで機能的な形の弥生式土器への変遷は「垢抜ける」と表現するにふさわしい。要するに、クセや野暮ったさが抜けて個性がとぼしくなり、合理性や機能性が優先されるあまり面白みや魅力のないものに成り下がるという意味である(または「画家・岡本太郎氏に嫌われる」とも言い換えられる)。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg