この辞典の使い方(ホーム)「し」で始まる言葉>尻馬に乗るの意味

カテゴリー:慣用句

尻馬に乗る

しりうまにのる

 尻馬に乗るとは、他人の言動に軽率に同調するという意味。「尻馬(しりうま)」といっても、お尻のような形の馬がいるわけでもなく、競馬でいつもビリを走る馬を言っているわけではない。尻馬は、二人乗りする場合の馬の後部座席、または先を行く馬の後ろに付く馬を言い、いずれにしても「尻馬に乗る」は、他人任せで主体性のない行動のたとえである。

 尻馬に乗る行為は、われわれ先見性や創造性を持ち合わせていない人間にとっては、手っ取り早く一儲けできるお手軽なやり方だが、乗り合わせる馬や先を行く馬の信頼性、安全性は十分チェックしなければならない。いわゆるマルチ商法などは、人々の尻馬に乗りたがる心理をそそのかして、しばらく乗っているとやがて大コケする馬にわれわれを乗せようとしているのだから。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg