積もる話

つもるはなし

 積もる話とは、語られずに心中に堆積している話という意味。なぜ語られないかというと、主に語る相手がいないからであり、というのは、その話の内容が、その「相手」に関する話、「相手」との交流に関する話、または、その「相手」でないと語ってもあまりもりあがらない話だからである。要するに、久しぶりに出会った肉親や友人について、その肉親や友人と交流していたころの話、また、会わなくなった後の身の上話などがそれである。そして「積もる話」という語は、そんな堆積した話がようやく語られようとする状況で持ち出される。すなわち「久しぶりだね。今夜は飲み明かして積もる話に花を咲かせよう」といった調子。しかし、そんなプライベートな話は他の人はあまり喜ばないので、大勢の前で何十年ぶりかに出会った肉親がお互いを懐かしんでいると、「積もる話もございましょうが、それは後ほどごゆっくり…」などと、司会進行役に後回しにされたりする。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg