この辞典の使い方(ホーム)「ふ」で始まる言葉>文明の利器の意味

カテゴリー:テクノロジー

カテゴリー:慣用句

 

文明の利器

ぶんめいのりき

 文明の利器の「利器(りき)」とは、鋭い刃物のことをいい、便利な道具や機械一般をさす言葉としても使われる。「文明の利器」は、文明の発達によりもたらされた便利な道具といったような意味で、「利器」が本来刃物であったことを考えると、いわば「エッジの効いたツール」といったところである。しかし、いまどきの新しい機器類を「文明の利器」などという大時代的な言葉で表現するのはどことなく気恥ずかしいものがあり、そんな言い方が似合っているのは、せいぜいカラーテレビ、電卓、洗濯脱水機、炊飯ジャー……どまりであろう。つまりこの言葉自体がとても「アナログ」なのである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg