株主

かぶぬし

 株主とは、株式会社の株を所有している者。「オレが金を出してやってる」ていの大きなツラをして大量の株を所有している者を、一般的に資本家という。だから資本主義経済においては、株主が王様扱いされる。日本では長い間、株主は会社の縁の下の力持ち的な存在だったが、ある時期から資本主義の教科書通りに偉そうな顔をするようになった。しかし、株価が安いときに買いたたいて、高くなったら売り払うことしか考えていない連中に、それほど偉そうな顔をされる義理はないように思える。たぶん、そんな博奕打ちみたいな連中も混ぜなければ、現在の株式市場はなりたたないのだろう。(KAGAMI & Co.)

関連用語