ノックオン、ノッコン

のっくおん。のっこん

 ノックオン(knock on)はラグビーの反則の一つで、日本では通常「ノッコン」と発音される。ノックオンは、「ボールを相手方の陣地方向に手や腕で押し進める反則」と定義されるが、そんな定義を読んでもなんのことやらさっぱりわからない。はやい話が、手に持っていたり、手でつかもうとしたボールを前に落とすことである。つまり下手くそだったり、集中力の足りない選手を厳しくいましめるルールであり、そのくらいのミスは大目に見ろよというような反則だが、そりゃあもう、オレ様なイギリス人が考えたものですから、ゲームを面白くするために不可欠なルールだったに違いない。(KAGAMI & Co.)

関連用語