この辞典の使い方(ホーム)「こ」で始まる言葉>こけおどしの意味、語源

カテゴリー:慣用語

 

虚仮威し、こけおどし

こけおどし

 虚仮威し(こけおどし)とは、見え透いたおどし。例えば、「言うことをきかないとオレの子分がだまっちゃいないぞ」などとおどす人物が、子分なんかいるわけもないチンピラであるとき、この「おどし」は「こけおどし」と認定される。虚仮(こけ)は仏教用語で、内面は空虚なのに外面をとりつくろうこと、うそ、いつわりのこと。おどされて内心びびりまくっている人物が、「そんなこけおどしを真に受けるようなオレ様とはわけが違うぞ」などと強がっている場合、このおどされている人物も「こけ度」がかなり高い。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg