ごね得

ごねどく

 ごね得の「ごね」は、不満や要求をくどくど言い立てるという意味の「ごねる」の語幹、「ごね得」はごねて利益を得るということ。つまり、相手の要求にあれこれケチをつけたり、こちらの要求をしつこく言い立てて、相手を譲歩させて利益を得ること、また、そのようにごねた方が得だということ。例えば、国際間の様々な折衝で、相手国のあら探しをして少しでも自国に有利な条件で条約を結ばせるのがその好例で、中国や韓国は普通にそういうことをしているが、「武士は食わねど高楊枝」のサムライ精神がある日本人は(関西人はそうでもないが)、必要以上にごねて利益を得ようとする態度を潔くないと軽蔑する。ところが、そうやって相手がごね得を勝ち取ると、「ちくしょう、あの野郎うまくやりやがって」と、やたらとうらやましがる(ごねときゃよかった、みたいな)のもまたわれわれ日本人であり、そんな複雑な気持ちを言い表したのがこの「ごね得」という語であるように思われる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
さんずのかわ.jpg
メロンパン.jpg

メロンパン

わぎゅう.jpg
看板娘.jpg