背水の陣、背水の陣を敷く

はいすいのじんをしく

 背水の陣、背水の陣を敷くとは、決死の覚悟でことに臨むこと。中国戦国時代の兵法書『尉繚子(うつりょうし)』にその戦法が著されているが、前漢の将軍韓信が趙と戦ったとき、川を背に陣を敷いて逃げ場のない状況を作り、兵士を鼓舞して勝利したという『史記』の故事がよく知られる。このように背水の陣は、自らを窮地に追い込み死にものぐるいで戦うというのが要点だが、実際の用例では「今日負けると大関陥落なので、背水の陣の覚悟で臨みます」などと、窮地に追い込まれてしかたなく「背水の陣を敷いちゃった」という場面で用いられる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg