この辞典の使い方(ホーム)「つ」で始まる言葉>土が付くの意味

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:スポーツ

土が付く、土がつく

つちがつく

 土が付くとは、相撲の取組で、負けるという意味。相撲で負けが決まるのは、相手より早く足の裏以外が地面に付いた場合、相手より早く土俵外の地面に体の一部が付いた場合の大きく二つに分かれ、「土が付く」のは前者の敗戦を言い表しているが、土俵を割って負けた場合でも「土が付いた」と言われる。土俵に転がされて(体に土がついて)負けたほうが、より負けた感が強いのでこういう言い方が適用されるのかと思われる。連戦連勝の横綱が負けたときなどに「土が付いた」と表現することが多いのも、背中にべったり土をつけられたくやしさ(つけたほうからすれば痛快さ)が言葉ににじみ出るからではないかと思われ、毎日負けて土をつけられることに慣れっこになっている力士に対しては、なんの新鮮味もないのでこういう言葉は使われない。「土が付く」は相撲以外の勝負でも慣用語的に用いられるが、これもやはりふだんぜったい勝てっこない相手に運よく勝ったようなときに、弱いヤツが興奮して「土を付けたやったぜ」と叫んだりするシーンに出てくる言葉である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg