この日本語辞典の使い方(ホーム)「ふ」で始まる言葉>無精の意味、語源、使い方

カテゴリー:性格、容姿、ライフスタイル

カテゴリー:慣用語

 

無精

ぶしょう

 無精とは、ものごとへの対処を面倒くさがってなまけること、また、そのような気持ちのありよう。つまり「こんな解説もめんどうくさいな〜、やりたくないな〜」というような…。

 漢字の「精」は、魂、気力、体力などを意味するが、もとは「米」に「青(「清い」の意味)」と書くように、穀物を搗(つ)いて清くすること、つまり精米の「精」であった。そこから、不純物をとりのぞいた純粋なもの、中心にある純粋なものの意味に、さらに、生きている人の中心にある(かどうかわからないが)魂、魂の働きなどへと意味が広がったと考えられる。その体の中心に本来あるものがないのが「無精」というわけで、ドーナツみたいな人間のありようだといえる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg