四苦八苦

しくはっく

 四苦八苦とは、たいへん苦労することをいう。本来は仏教語で、人間のあらゆる苦しみを言ったもの。そのメニューは、生・老・病・死の四苦に、愛別離苦(あいべつりく)すなわち愛する者との別れ、怨憎会苦(おんぞうえく)すなわちうらみ憎む者との出会い、求不得苦(ぐふとくく)すなわち求めるものを得られない苦しみ、五陰盛苦(ごおんじょうく)すなわち物への執着の苦しみ、の四苦をトッピングした全部盛りである。このように「四苦八苦」は、仏教の世界観にもとづいた壮大な苦しみを表す語であるが、現在では「彼はレポート作りに四苦八苦している」のようにちょろい苦しみ(まあ、これも「求不得苦」のひとつかもしれないが)に適用されるのが普通である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg