負の遺産

ふのいさん

 負の遺産とは、後世の人々に押し付けられた負債や未解決の問題。戦争の賠償金などがそれにあたるが、「負の世界遺産(日本だけの言い方)」のように、残すことが後世の人々の威信を傷つけ、恥になるような惨劇や事件の現場、あるいはそれを象徴する建造物などをも言う。なぜそんな遺産が残されるかというと、二度とそのような悲劇を起こさない戒めとし、反省を促すため……というようなタテマエだが、事件の当人がそんな遺産を残そうとすることはめったになく(犯罪の証拠品ですから)、自分には関係ないか被害者だと思っている人々が、「人類」に反省してもらうために「遺産」としている場合が大半である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg