食べる

たべる

 食べるとは、ものを食うという意味。「食う」に比べるとやや上品な言い方だが、それもそのはずで、もとは「賜(たま)へ」つまり「(身分の高い者から飲食物などを)いただく」から来ている。いまでも、ものを食べることを「いただく」と言い、食事の前のあいさつで「貴重なものをこれから食べます」という意味で「いただきます」と言う。「いただく」は「食べる」と比べてさらに上品な表現となるが、これはおそらく「食べる」が、身分の高い人からいただいた高価なものを、「やっぱり○○○の羊羹はうまいね」などと言いながら、実際にがつがつ食べる行為に主に使われるようになり、その動物のいとなみを感じさせる姿によりどんどん品が下がっていったのではなかろうか。一方「いただく」の方は、高価なものを頂戴して、「なんだよ、また羊羹かよ」とかなんとか言いながらそのまま他に回してしまったとしても、「いただい」たことになるので、まだ上品さが保たれているのだろう。(KAGAMI & Co.)

関連用語