この辞典の使い方(ホーム)「へ」で始まる言葉>ページ、頁の意味、語源

カテゴリー:文学、出版

カテゴリー:慣用語

カテゴリー:外来語、和製外来語

 

ページ

ぺーじ

 ページとは、本やノートなどの紙の一面。といっても、ただ単に物質的な紙の片面を言っているのではなく、そこに何かが書かれている、あるいはこれから書かれようとしているという内容(いまどきの言葉でいえばコンテンツ)とコミで「ページ」扱いされる。ページが、「●ページ」のように、紙面の順番を意味することがあるのも、紙面の数字と内容が対応しているからである。そこから私たちの人生の1場面を、どんなにくだらないことでも思い出に残るような出来事があれば「人生の1ページ」と例える。一方、充実した内容がない空虚な時期は「空白の10年間」などと表現する。

 英語pageは、ラテン語で結ぶこと、締めること、くくりつけることという意味のpangereから派生したpagina(ぶどうの枝を固定し、つるを這わせる格子状の棚)の形状の類似から生まれた語だとのこと(漫画の「コマ」に近いイメージではないだろうか)。

 中国や日本では書物のページを表すのにもとは「葉」をあてていた。当時の本は1枚の紙を半折りにして綴じていたので、現代の書籍でいう裏表2ページ分を1葉としていた。そこで西洋の本の「ページ」の概念を表すのに、「葉」と発音(近代中国語でyè)が同じ「頁」を用いたのだという。

“page”も「葉」も形状から採用された語のようだが、書物や人生のひとコマとなることで、どんなにばかばかしいことでもなんらかの内容を含む1区切りとなったのである。(KAGAMI & Co.)

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg