幕切れ

まくぎれ

 幕切れとは、芝居の一場面が終了して幕が引かれることを言う。慣用語として、あるものごとの終わりを言い表し、「事件が急展開して期待を持たせたが、意外にあっけない幕切れだったね」などと使う。この用例のように「幕切れ」は、ドラマチックな展開の出来事について、予想外だったり突然だったりして印象に強く残る終わり方をする場合に用いる。似た表現に「幕引き」があるが、こちらは途中で誰かが(悪いヤツに決まっているが)ドラマを終わらせる(つまり「強制終了」である)ことを言い、制作者側としてはいちおう芝居を最後まで上演したつもりである「幕切れ」とは意味が違う。例えば、汚職事件の捜査で、誰かが圧力をかけて突然捜査を終了させるのが「幕引き」、逮捕者を出したが「え、あんな小物の逮捕で終わりかい」となるのが「幕切れ」である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
さんずのかわ.jpg
メロンパン.jpg

メロンパン

わぎゅう.jpg
看板娘.jpg