この日本語辞典の使い方(ホーム)「す」で始まる言葉>すんでのことの意味、語源

カテゴリー:慣用語

 

すんでのこと、すんでのところ

すんでのこと、すんでのところ

 すんでのこと(すんでのところ)とは、「すんでのことで(すんでのところで)」と主に使われ、「あやういところで」という意味である。つまり、「すんでのことで妻に見つかるところだった(何がだよ)」といった用例に見られるように、危機的状況を寸前で回避したありさまを表現している。「すんで」は「既に(すでに)」の「すで」が転じたもの。「既に」は、「この件につきましては既に説明したとおり」のようにものごとが終わっているさま、「季節は既に秋だ」のようにものごとがいままさに起こっているさまをいうが、「すんでのことで(すんでのところで)」はもう終わったり、起きてしまったりしたのではなく、「いままさに(ものごとが)起きようとしているところで」ということ。つまり、奥様に発見されるという最悪の出来事が起きようとしている寸前のところで(だから、何がだよ)回避されたという、スリリングな状況が言い表されているのである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg