窮鼠猫を噛む

きゅうそねこをかむ

 窮鼠猫を噛むとは、逃げ場を失ったネズミ(=窮鼠)がネコを嚙む、つまり。弱い者でも追い詰められると反撃に転じるものだということわざ。この後、ネズミはやっぱりネコに食われてしまうのか、反撃に成功して逃げおおせるのかが明らかでないところが、この種のことわざのリアルである(食われたに決まっているが)。「窮鼠猫を噛む」は、後漢の桓寛(かんかん)の著『塩鉄論』に「死して再びは生きざれば、窮鼠貍(野良猫)を嚙む」とあるもので、その代表例として、秦代末期の農民蜂起の主役となった陳勝(ちんしょう)と呉広(ごこう)を挙げている。秦の二世皇帝に辺境の守備を命じられた陳勝と呉広だが、期日までに農民兵を率いてかの地に至らないと死刑というふざけた命令にぶちきれて反乱を起こす。陳勝も呉広も、結局敗死したが、反乱はおさまらず、前漢の初代皇帝・劉邦によって秦王朝は滅んだ。国家クラスの反乱ともなると、本人はイヌ死に(ネズミ死に)かもしれないが、国家を転覆するほどの蜂の一刺しになるかもしれないというお話しでした。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg