互い、お互い

たがい、おたがい

 互い、または、お互いとは、自分と相手、あるいは、双方という意味。「互いにエールを交換した」「お互いの腹の探り合いが続いている」などと使う。

「互い」は本来「違い(たがい)」と同意であるように、自分と相手は違うという独立性、相違性を強調した言葉であり、双方の類似性や協調性を指向しているわけではない。だから「お互い頑張っていこう」といっても、私とあなたで協力して一緒に頑張ろうと言っているのではなく、私は私、あなたはあなたでそれぞれ頑張ろうと言っているわけで、「お互い頑張ろう」などとエールを送られたとしても、相手が自分を助けてくれると思ったら大間違いである。一緒に協力して頑張ろうと言いたい場合は、「お互い手を取り合って頑張っていこう」といった具合に「協力して」という注意書きを加える必要があるが、「お互い頑張ろう」などと言ってくるヤツは、協力する意思なんて毛頭ないから、余計なお世話というものであろう。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
焼きを入れる.jpg
敗軍の.jpg
万死に値する.jpg
てんぬき.jpg
いわしのあたま.jpg