愚僧

ぐそう

 愚僧とは、おろかな僧侶という意味で、僧侶が自分をへりくだって言う語。日本語の第一人称謙譲表現は数々あるが、自分を「バカ」だと言うのは僧侶くらいのもので、さすが宗教者よほど人間ができているのであろう。(KAGAMI & Co.)

関連用語