この辞典の使い方(ホーム)「み」で始まる言葉>水を得た魚の意味

カテゴリー:慣用句

 

水を得た魚

みずをえたうお

 水を得た魚とは、ある人が活躍の場や優秀な仲間を得て生き生きしている様子を言った言葉で、仕事の世界で「あいつは現場に戻って水を得た魚のようだな」などと使う。つまり、それまでその人物は水のないところにいた魚のようだったわけで(魚だったら死んでますけどね)、仕事をやる気もなくふてくされ、上司にはたてつき、部下にはつらくあたり、飲んだくれては会社の悪口ばかり言いふらしていた姿が想像できる(そこまで悪く想い描く必要もないが)言葉である。

 この例えは『三国志』蜀志(しょくし)諸葛亮伝(しょかつりょうでん)に見える記事で、蜀の劉備が諸葛孔明を厚く用いたことにやきもちを焼いた古参の関羽や張飛に対して、劉備が「私と孔明は水を得た魚のように切っても切れない関係にあるのだから、とやかく言ってくれるな」と言ったもの。本来は「魚の水を得たるが如し」という言い方で離れられない親密な関係のことを言っていたが、その意味は同じ逸話から出た「水魚の交わり」という言葉に譲り、こちらは冒頭のように、活躍の場や優秀なパートナーを得たことでその人が生き生きしている様子を表すようになったようである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg