この辞典の使い方(ホーム)「あ」で始まる言葉>泡を食うの意味、語源

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:感覚、感情、精神状態

 

泡を食う

あわをくう

 泡を食うとは、ひどくあわてるという意味。「警官がやってきたので、泡を食って逃げ出した」などと使う。「食う」は「割を食う」「大目玉を食う」などのように、損失や相手の攻撃などをまともに受けるといった意味あいの言葉なので、「泡を食う」は「(突然押し入ってきた警官等によって)ひどくあわてさせられる」といった説明が正しいのかもしれない。

「あわてる(慌てる)」と「あわ(泡)」は同源の言葉のようだが、「あわてる」が最初にあってダジャレで「泡」が持ち出されたのか、泡が盛んに立つ様子を「あわてる」と言い出したのかはよくわからない。どこでどれだけ泡が立っていようが、あまり「あわてる」実感はないが、例えばカニが泡を吹く姿はひどくあわてているようにも見えるので、後者の解釈もピント外れとは言えない。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg