この辞典の使い方(ホーム)「し」で始まる言葉>情景の意味

カテゴリー:感覚、感情、精神状態

カテゴリー:慣用語

 

情景

じょうけい

 情景とは、風景や場面という意味だが、その中でも人の心を動かす風景や場面についていう。人の外部の空間は、人が見たり聞いたりしてはじめて風景、情景、景色、眺めとして成り立つので、これらの言葉には、人間の精神や神経活動に関係する語が含まれている。「風景」の「風」も、ただの空気の動きを表す「風」ではなく、「気風」や「風評」のように人の精神活動や行動に影響を与える「空気の動き」を意味する「風」である。このうち「情景」は、人の「情(感情)」にうったえる景色という意味があるのに加えて、その対象そのものに人の「情」が含まれているニュアンスが強く、そのため自然の景色より、情を含んだ人の活動の場面(といっても、情欲どろどろのメロドラマの一場面を想定する必要はないが)についていわれることが多い。つまり、最近誰もがむやみに使いたがる「ほっこり」するような場面は、「情景」でなければならないのである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
さんずのかわ.jpg
メロンパン.jpg

メロンパン

わぎゅう.jpg
看板娘.jpg