二枚舌

にまいじた

 二枚舌とは、その場や状況に応じて異なることを平気で言うこと、また、そういう性格の人。うそをつくこと、うそつき。舌は諸外国でも「言語」「言葉」の意味で用いられるように、ここでは「発言」「言葉の内容」という意味。

 仮に器官である舌が2枚あった場合、その味覚に関して考察してみる。もし2枚の舌が同じ味覚を持っているとすると、舌が2枚あることは意味をなさない。もし2枚の舌が異なる味覚を持っているとすると、われわれは食べ物の本来の味を知ることができず、舌は味覚器官としての役割を果たさない。したがって、舌のある動物において、味覚の面では2枚の舌はあってはならないことになる。しかし、1枚の舌が味覚を担い、もう1枚の舌がハエなどの捕獲に使用されるというなら、2枚舌もOKである(なにがOKなんだか)。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg