この辞典の使い方(ホーム)「し」で始まる言葉>秋波を送るの意味

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:性風俗、男女関係

秋波を送る

しゅうはをおくる

 秋波を送るの秋波とは、美女の誘うような目付きのこと。秋波を送るは、主に女性が異性を色っぽい目付きで誘うという意味。そこから、企業が他の企業に合併を提案する(つまり、「一緒にやらない?」と誘う)といった行為を「秋波を送る」と例える。「秋波」は本来は呼んで字のごとく、秋の澄んだ水面に立つ波のことを言うが、それが美女の澄みきった目付きに転じ、北宋の詩人・蘇軾の詩に晋の文化人・謝鯤(しゃこん)が「美人に秋波をめぐらされず(美人に誘われるようなこともなく……、つまり、シカトされたってことですね)、こちらから誘うと機織りの道具を投げつけられ、歯を二本折った(歯を折ったくだりは後世の人の蛇足だそうです)」という形で使っている。美女の色っぽい目付きで男は熱くなるが、当の本人の目元は「涼し」くて「秋の波」のようであり、しらっとしているということなのだろう。おわかりですか、そこで熱くなっている男性諸君。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg