忖度

そんたく

 忖度(そんたく)は、「忖」も「度」も推し量る、推量するという意味で、二つを合わせた「忖度」も(他人の気持ちを)推し量るということ。しかし、「思いやり」「遠慮」などと同様、日本語の用法では、相手の気持ちや将来のことを推量、推測したうえで、それに対処するためになんらかの行動を起こす(あるいは行動を控える)という意味まで含んだ言葉となる。忖度は、相手の気持ちを推し量ったうえで、相手の気持ちに添うように行動するという意味あいの言葉で、「思いやり」に近いが、「思いやり」はどちらかというと相手の立場が自分と同等か下位にある人に対して上から目線な感じで用いる。例えば「思いやり予算」は、在日米軍の経費を負担する防衛省予算のことを言うが、「思いやり」という言い方には「向こうが求めてもいないのにこっちが出してやってるんだぞ」的な、「ちったあ感謝してほしいもんだな」みたいな気持ちを含んでいるのである。一方、へんなニュースで話題にでもならなければ誰も知らなかった「忖度」は、上位の相手に対して下位のものがその心中を推し量り、「差し出がましいようですが、よきようにとりはからせていただきました。だからほめてちょうだい」的な卑屈な気分に満ち満ちている。先の「思いやり予算」も、「出してやってる」と肩肘張っているようなものの、実態は「忖度予算」と言い換えたほうがいいようなものである。(KAGAMI & Co.)

関連用語