餅は餅屋

もちはもちや

 餅は餅屋とは、餅は餅屋がついた餅がいちばんうまいという意味で、なにごとも専門家にまかせるのが最良の選択であるというご教訓を含む。餅屋でなくても何屋でもできそうなことわざで、実際に「馬は馬方」「刀は刀屋」「酒は酒屋に茶は茶屋に」など多数の類似品があるが、他はまったく知られておらず、「餅屋」が生き残っている。なぜ餅屋が選ばれたかについては、以前は年末に商家や家庭で餅をついたことが多く、しろうとでもそこそこうまくできるが、やはりプロにはかなわないというのがポイントであり、「馬」や「刀」ではそのニュアンスがうまく出せない(しろうとが突然馬を飼ったり、刀を作ったりできないから)。現在で言えば「カレーはカレー屋」といったところか。もっとも昨今では、レトルトカレーのほうがましなカレーを提供するカレー屋は多数あり、「カレー屋」も生き残るのはちょっと難しいかもしれない(ことわざも、実際のカレー屋も……)。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
焼きを入れる.jpg
弁慶の立ち往生.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
いわしのあたま.jpg