目白押し

めじろおし

 目白押しとは、メジロという鳥が群衆して押し合いへし合いしている様子をいったもので、この鳥が秋から冬にかけて林に群れ集まる習性から来ている。そこから「目白押し」は、多くのものがすき間なく並んでいること、盛りだくさんであることなどを表す慣用語として、テレビやラジオのアナウンサーが「春の行楽シーズン、各地でイベントが目白押しです」「今日は視聴者プレゼントが目白押し」などと無反省に多用する(反省してもらっても困るが)、耳障りな紋切り型表現となっている。メジロという鳥は、スズメのようにふだんあちこちで見かけはしないが、梅の木にとまる姿をウグイスと間違えられたり、日本人の頭の中では結構忙しく飛び回っている鳥だといえそう。(KAGAMI & Co.)