この日本語辞典の使い方(ホーム)「や」で始まる言葉>焼け棒杭に火が付くの意味

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:性風俗、男女関係

 

焼け棒杭に火が付く

​やけぼっくいにひがつく

 焼け棒杭(ぼっくい)に火が付くとは、一度別れた男女が再び恋愛関係になること。「ぼっくい」とは「ぼうぐい(棒杭)」の音が変化した言葉。焼け棒杭(やけぼっくい)は、焼けた杭、燃えさしの切り株のことだが、焼けた棒杭は炭化して再度火が付きやすいことから、ひととき熱く愛し合い、その後別れた二人がふたたびいい仲になるといったありがちなパターンでこの言葉が使われる。しかし、「ぼっくい」というなんとも地球外生物的な響きのせいか(正体はただの棒杭のくせに)、最近ではあまり人々の口の端にのぼることはない。(KAGAMI & Co.)

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg