蹲踞、蹲居

そんきょ

 蹲踞(蹲居)とは、うずくまること。また、うずくまるようにして行う敬礼、手っ取り早く言えば土下座の姿勢を言い、その昔、貴人が通行するとき庶民はこの形で敬礼した。蹲踞はまた相撲や剣道で、つま先立ちして膝を開きながら腰をおろし、上体をただす姿勢を言い、取り組み前に相手を最大限に敬う精神を表現する。もっとも彼らは、その後、相手のほおを思いっきりひっぱたいたり、土俵の外へこれでもかとぶんなげたり、真剣を模した竹刀で斬り合ったりするのだけれども……。(KAGAMI & Co.)

関連用語