羨む、うらやむ

うらやむ

 羨む(うらやむ)とは、「妬む(ねたむ)」の初期症状。つまり、他人が自分より幸福であったり、優れていたりするのを不満に思ったり、自分もそうなりたいと願ったりする複雑な心理状態を言い表した言葉である。うらやまれる相手にしてみれば「関係ないでしょ」と言いたくなる理不尽な感情であり、病的心理とみられても仕方ないだろう。そんな気持ちが高じて他人を憎むようになると、「妬む(ねたむ)」というステージ2に移行する。語源は、「心」「気持ち」を意味する「うら」に、「病気になる」意の「やむ」が付いたもので、昔の人も「羨み(うらやみ)」の心理が「ほとんどビョーキ」であることはよくおわかりだったものとみえる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg