比例

ひれい

 比例とは、数学において、1:2=2:4というように2つの数の比が等しいこと、あるいはxが2倍に変化するときyも2倍に変化するというように、2数の変化の比が等しいことをいう。慣用語としての「比例」は、ビジネスの現場などで「出店数に比例して売り上げも順調に伸びています」などという報告に気軽に使われるが、そんな報告をしている人物に限って数学に強いヤツなんて一人もいやしないから、「比例」という言葉を文字どおり(というか、数学どおり)受け取ることはできない。(KAGAMI & Co.)