たらたら

たらたら

 たらたらとは、水がしずくとなってしたたるさまを表した語。汗やよだれ、容器からあふれた水などがひとすじ流れる様子は「たらり」と表現するが、それが連続して流れると「たらたら」になり、さらにとめどもなく流れ出してえらいことになると「だらだら」と言い表される。

「たらたら」はまた、不平や不満、聞き苦しいことを長々と口にすることを「不満たらたら」「未練たらたら」「お世辞たらたら」などとたとえる。その場合でも、水が連続的に垂れ落ちているイメージが生かされていて、不満や未練からくる愚痴を直接相手にぶつけるのではなく、周囲の人々に垂れ流している様子、また周囲にとっては聞き苦しいお世辞をいつまでも口から垂れ流している様子が表現される。

 また最近では、水が勢いよく流れるのではなく、顔や容器をつたって流れ落ちる様子を、やる気のない社員の仕事ぶりにあてはめて、「たらたら仕事してるんじゃないよ」のように言われる。(KAGAMI & Co.)