この辞典の使い方(ホーム)「お」で始まる言葉>おだてに乗るの意味

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:言動、態度、表情、状態

 

おだてに乗る、煽てに乗る

おだてにのる

 おだてに乗る(煽てに乗る)とは、人におだてられてその気になるということ。「おだてる(煽てる)」とは、人をほめそやすという意味だが、煽動の「煽」の字が当てられているように、ただほめるのではなく、「人をその気にさせる目的でほめる」という腹黒い意図を含んだ言葉である。で、その「おだて」にまんまと引っかかって「その気になっちゃった」のが、「おだてに乗る」。古い歌の歌詞では、「おだてに乗ってその気になって」やっちまったのがキャバレー通いやポンコツ車の購入である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
さんずのかわ.jpg
メロンパン.jpg

メロンパン

おかか.jpg
つくだに.jpg