この辞典の使い方(ホーム)「に」で始まる言葉>二の句が継げないの意味

カテゴリー:慣用句

 

二の句が継げない

にのくがつげない

 二の句が継げないとは、次に言い出す言葉が出てこないという意味。言葉が出ないといっても、「感謝の言葉もありません」のように、うれしさのあまり言葉に詰まっているのではなく、相手の言動などに驚いたりあきれかえったりして、最初に「え、マジかよ」とか「アホちゃうか」というような言葉を発し、そのあと、このバカをなんと言ってたしなめたらいいのかわからないという心持ちで、言葉が出ないと言っているのである。要するに「開いた口がふさがらない」「バカにつける薬はない」などと同様、おバカ様専用の言葉なので使用にあたっては注意が必要である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg