保釈金

ほしゃくきん

 保釈金の「保釈」とは、金をカタに未決勾留中の被告人を釈放すること。そのカタの金が保釈金。被告人が裁判開始までに逃亡や証拠隠滅をしなければ金は返ってくる。金額は、多くの貧乏人については相場(200万円とか300万円くらいらしい)が決まっているが、そんなはした金は屁でもない金持ちに対しては高額な保釈金が科せられる。つまり、こんなところでも人間は値踏みをされるわけで、被告人は質草みたいなものである。もっとも、被告人が保釈期間中真面目に過ごしたとしても、利子はつかないようだから、そのあたりが法の威厳を保っているとはいえる。(KAGAMI & Co.)

関連用語