この辞典の使い方(ホーム)「や」で始まる言葉>夜郎自大の意味、語源

カテゴリー:四字熟語

 

夜郎自大

やろうじだい

 夜郎自大とは、実力もないのに尊大にふるまっていること、そのさまを言う。「やろうじだい」と読むので、文芸雑誌『野生時代(正式には『小説 野生時代』)』の別冊「野郎時代」かと勘違いしそうだが、違う(そんな雑誌があっても売れそうにない)。「夜郎」は、中国の西南地方にあって前漢の武帝に平定された異民族の名称。夜郎の人々が、漢の強大な勢力を知らず、「自大(尊大)」にふるまっていたことから生まれた語で『史記・西南夷伝』による。つまり「夜郎自大」とは、「夜郎のくせにいばりやがって」という意味である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
にがて.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg