​大袈裟、大げさ、おおげさ

おおげさ

 大袈裟(おおげさ)とは、誇張すること、誇大であること。いまどきの言い方では「盛ってる」。袈裟は、もとはサンスクリット語で赤褐色または黄褐色(つまりこぎたない色ってことですな)を意味し、仏教の草創期に僧侶が着ていた粗末な衣装のことを言ったカーシャーヤの音写語。当初は貧乏教団だった仏教も、しだいに大宗教となり、それにともなって袈裟も高価な布に飾りをつけた立派な衣装に変わっていった。大袈裟は、その袈裟の中でも最も大きいものを言い、一説には、それを着用すると仰々しく見えるため、多教団の僧侶たちが「盛ってやがる(とは言わなかったと思うが)」とけなしたことから、慣用語の「大袈裟」が生まれたと言われる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg