この辞典の使い方(ホーム)「さ」で始まる言葉>慚愧に堪えないの意味

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:感覚、感情、精神状態

 

慚愧に堪えない、慚愧の念に堪えない

ざんきにたえない、ざんきのねんにたえない

 慚愧に堪えない、または慚愧の念に堪えないの「慚愧(ざんき)」とは、自分を恥ずかしく思うことを言い、「慚(慙という字も使う)」も「愧」も恥ずかしく思う、恥じ入るという意味。「慚愧に堪えない(慚愧の念に堪えない)」は、恥ずかしく思う気持ちを抑えることができないということ。「慙愧」とほぼ同じ意味の熟語に「忸怩(じくじ)」があり、「忸怩たる思い」という句を作って、「慚愧に堪えない」と使用状況、意味合いともにほとんど同じ使い方をされる。その説明は「忸怩たる思い」の項目に譲るとして、要するにこれらの決まり文句は、「恥ずかしく思っています」と素直に言うのが恥ずかしい、言い足りないと感じるときに持ち出される漢文調の句であり、発言者も聞き手もよく意味がわかっていない「空気読めよ言葉(そんな用語があれば、の話ですが)」の一種である。年寄り連中は、若いビジネスマンが聞きかじりのヨコ文字(欧米の外来語)をさかんに使うのを非難するが、みなさん方も昔から聞きかじりのタテ文字(漢語)を使って、聞き手をけむに巻いてきたことをお忘れなきよう。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg