微塵

みじん

 微塵とは、きわめて小さいものを言う仏教関係の語。サンスクリット語で非常に小さいものを意味する語の漢訳らしいが、いくつかの原語の候補があり、どの語が「微塵」に当たるのかは明らかではない。さらに、サンスクリット語を意訳した漢語に「極微(ごくみ)」という語があり、「極微」が六方から集まった単位が「微塵」であるとする解説もあるが、「極微」と「微塵」がどの程度厳密に使われていたかは疑わしい。しかし、「微塵」にしても「極微」にしても、原子的な小ささが想定されていたことは確かなようで、微生物の「ミジンコ」は、「微塵」から来ているが、「微塵」という語を作った人は「そんなんじゃなく、もっと小さいものを言ったつもりなんですけどね」と思っているはずである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg