ステークホルダー

すてーくほるだー

 ステークホルダーとは、ある企業となんらかの利害関係のつながりのある人や組織、つまり顧客、従業員、株主、取引先、地域社会(地元住民)等々である。近年企業が記者会見等で「利害関係者」を「ステークホルダー」と置き換え、「ステークホルダーのみなさまにご迷惑を及ばさないよう」などと発言しているのを耳にする。確かに「利害関係者」では、「先着何名様とも書いてなかったのに締め切るわけ?」だとか「こんなに儲かってるのに昇給これだけかよ」だとか「オレだって株主なんだからひとこと言わせろ」だとか「おい、貸した金どうなってんだ」だとか、そんなあさましい人々の姿が連想されて好ましくないとは言えそう。

 stakeは利害関係、賭け事、リスクなどの意味。holderは所有者。stakeholderのもとの意味は賭け金の保管者。stakeは肉のsteakと発音が同じだが、もちろんステークホルダーと言っても、焼肉パーティで自分の肉を抱え込んではなさないヤツのことではない。しかし、ステークホルダーのイメージは肉を抱え込んではなさないヤツの姿と重なるところはある。(KAGAMI & Co.)