好事家

こうずか

 好事家(こうずか)とは、風変わりなもの「ごと(事)」を「好」む「人(家)」。つまり現代で「マニア」「コレクター」「オタク」などと呼ばれる人々のことである。中国語で「好事」は「物好きな」という意味があるので(「好事」は「おめでたい出来事」という意味が主だが、「物好きな」の意味の「好事」は漢字は同じだが発音が違うらしい)、「好事家」もズバリ「物好きな人」でよいかと思われるが、「家」という「一家を構えた人」的な漢字が加えられているので、「物好き」でヘンテコな人扱いされてややバカにされつつも、「そこまでやればご立派」と尊敬も集めているという人種が「好事家」だといえる。この言葉そのものは最近あまり聞かれなくなったが、「マニア」「コレクター」「オタク」といった言い方で、ヘンテコな人だがつきつめればご立派といったニュアンスはしっかり残されて現代に生きている。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg