この辞典の使い方(ホーム)「え」で始まる言葉>江戸っ子は宵越しの銭は持たないの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

カテゴリー:歴史

 

江戸っ子は宵越しの銭は持たない

えどっこはよいごしのぜにはもたない」

 江戸っ子は宵越しの銭は持たないとは、江戸っ子は金ばなれがよく、その日に稼いだ銭はその日のうちに使ってしまうということ。この「江戸っ子」は主に職人など日銭を稼ぐ職業について、金に執着せず、稼いだら気前よくみなにふるまうような気風を言っている。まあ、使い切れないほど稼いでいなかったせいかもしれないが…。

 宵越しの銭は持たないというなら、現代のサラリーマンだって事情は同じで、千円たらずのおこずかいをもらって、「これでどうやって宵を越せってえんだよ!」。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg