罪を憎んで人を憎まず

つみをにくんでひとをにくまず

 罪を憎んで人を憎まずとは、犯した罪は罪として憎んでも、その罪を犯した人間までも憎んではならないという、中国『孔叢子』を原典とする格言であり、宗教家や裁判官が復讐の連鎖をおそれて関係者にむかって垂れるご教訓用のキャッチフレーズである。「罪を憎んで人を憎まず」という言葉が私たちにあまり響かないのは、「罪を憎む」という抽象性にあるかと思われる。はやい話、「人を憎む」なら、相手をボコボコにしてやればある程度気がすむが、「罪を憎む」場合、どうすれば気分がすっきりするのか、宗教家や裁判官の先生方にぜひ教えて欲しいものである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg